はじめまして & 理想の夫婦像についてのお話

はじめまして!

本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

管理人の coco と申します。

 

本ブログでは

・いつまでも夫婦円満でいたい人

・結婚後の生活をよりよくしたい人

に向けて

  • 夫婦円満の秘訣
  • 結婚後の生活に関するお役立ち情報

をメインに配信していきます。

 

これからどうぞよろしくお願いいたします!

ブログを始めた経緯はこちらから:本ブログについて

 

1記事目の本日は「理想の夫婦像」についてのお話です。

 

結婚して子供を産むことが当たり前だった昔とは違い、生き方の選択肢が多様化している今。

皆さんには、理想の夫婦像ってありますか?

理想の形は人それぞれかと思いますが、日頃から意識していれば、ご主人に対する言動など一つひとつの行動が変わるかもしれません。

 

私の考える理想はこんな感じです。

お互いを尊重して、足りないものは補い合う

お互いを尊重

相手が自分の思い通りに動かない時、人は不満になってしまいがちです。

「思い通りに動かない」といっても、家事のやり方や物の使い方などよく考えると大したことではない場合もあるでしょう。

私は結婚してから改めて、自分の性格やこだわりに気付きました。

別々の環境で育った2人が一緒に暮らす意味は、お互いの価値観を取り入れて自分たちにとってベストな家庭を築くためだということも何となくわかってきました。

 

  • 自分の望みとは少し違っても、ありのままの相手を受け入れる。
  • 相手の考え方を尊重して話し合える。
  • 片方が不得意なことは補う。

お互いがそんなスタンスを持つ夫婦は、素敵だと思います。

 

応援し合って、お互いが成長できる

成長している芽

相手の存在が、モチベーションになる。

なんだか恋愛ソングで出てきそうなフレーズですが、各自が努力していなければこんな風にはならないですよね。

応援するだけではなく、頑張っている姿も見せないと。

私は自分に甘いし何をするのも遅いので、むしろ夫のモチベーションを下げているかもw

何事に対しても努力して結果を出せる自分でありたいし、お互い人として健全に成長していきたいものです。

 

愛情と思いやりを持ち続けられる

波打ち際とハート

私たちの結婚式で牧師さんが「晴れの日だけのいい妻・夫ではいけない」といったようなことを語ってくださいました。

夫婦には晴れの日もあるけど、雨の日も雪の日もある。

自分たちではコントロールできない問題が起こった時も含め、愛情と思いやりを持ち続けることが大切だと。

これから先、辛いことや苦しいことが起こった時はこの言葉を思い出したいです。

 

まとめ : あなたにとっての理想の形は?

共感していただける部分はありましたでしょうか?

よろしければこの機会に一度、皆さんにとっての理想の夫婦像も考えてみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

アイキャッチ20190722
最新情報をチェックしよう!